塗装工事の際、足場の設置が必要となります。足場が必要な理由には、高所での作業安全を確保するためと、作業の効率の向上とされています。一般的に2m以上の高さで作業を行う場合には足場を設置することが義務化されています。 特に2階建て以上の建物や屋根塗装の場合では、安全かつ効率的な作業を行うために足場仮設が必須とされます。

一般的な一戸建て住宅の8割が2階建て以上であることからも、足場を設置しての外壁塗装をされる方が多くいらっしゃいます。そして、この足場の設置には大きな費用がかかるため、この足場仮設工事を”外壁塗装のみ”に使用するのではなく、他の工事も併用する事で有効活用が出来るのです。

[工事例]

・コーキング打ち替え

・雨樋交換

・軒天の張替え

・破風・軒天などの補修や交換

・ベランダや屋上防水工事

・棟板板金工事

・屋根の漆喰補修

・屋根葺き替え、葺き直し

外壁塗装と同時に他のリフォーム工事を行うことで足場を効果的に活用できます。外壁塗装と同時に補修などの複数の工事を行うことで、足場の設置費用を併用することができます。

また、足場が設置されている間に他の外装工事を行うことで、作業効率も向上します。足場がある状態であれば、高所作業が容易になりますので、外壁や屋根の補修や塗装などを同時に行うことで、工期を短縮することが可能です。

これにより、一度に複数のリフォーム工事を行うことで、足場の費用を最大限に活用し、効率的に外装のメンテナンスを行うことができます。