外壁塗装の業界にはさまざまな業者が存在する事をご存じでしょうか?お店探しからどこに工事を依頼したらいいか、一般の方にはわかりにくいです。ネット上で塗装業者を探す際にも、検索情報にはこのさまざまな業者が出てきます。

<外壁塗装業者の種類>

・外壁塗装業者

・ハウスメーカー

・工務店

・リフォーム会社

・訪問販売

・家電量販店・ホームセンター

どの業者でも外壁・屋根の塗装工事施工を行うことが出来ますが、塗装の品質や価格、対応に差が出てしまいます。

そして残念ながら悪徳業者や質の悪い業者というものも存在しており、クレームやトラブルも多く発生しています。

塗装業者の種類別の特徴やポイントについてご紹介します。

【外壁塗装業者】

塗装専門店は、外壁塗装を専門に行っており、知識や経験が豊富で技術も高い特徴があります。自社の職人で施工を行うため、価格が抑えられ、高品質な施工が期待できます。

【ハウスメーカー】

ハウスメーカーは、住宅を建設し、リフォームを行う会社です。新築から続く大手の保証を受けられるのが特徴です。ただし、外壁塗装工事はハウスメーカーの下請け業者が行うため、中間マージンが発生し、費用が増えることがあります。また、実際の施工業者を選ぶことができないため、知識や技術の不足による品質の低下の可能性があります。

【工務店】

工務店は、主に大工職人で構成される会社で、外壁塗装に詳しくないことが多いです。施工を下請けに任せている場合があり、品質に影響が出る可能性があります。

【リフォーム会社】

リフォーム会社は、外壁塗装だけでなく、内装工事や外構工事なども幅広い工事内容を手がけます。リフォーム会社は、外壁塗装専門店や、内装工事や外構工事専門の業者がリフォーム事業を展開しています。外壁塗装の専門経験が浅い場合や、施工を下請けに任せている場合があるため、塗装業界に強いのか注意が必要です。

【訪問販売】

訪問販売業者は、良い業者もありますが、悪徳業者も多い事があります。営業者の塗装知識が少ない事や見積もり、施工内容についてトラブルが発生する可能性があるため、注意が必要です。

【家電量販店・ホームセンター】

家電量販店やホームセンターでも外壁塗装を依頼できますが、ほとんどの場合は下請け業者が施工を行うため、中間マージンが発生し、価格が高くなる傾向があります。

【まとめ】

塗装工事はやはり塗装専門店がおすすめです。

最も塗装の技術や知識が豊富であり、施工費用を抑えることができるのです。

施工中や施工後にトラブルが発生すると、多くの時間と労力を使うことになります。特に、対応が悪い業者だった場合は、泣き寝入りせざるを得ない場合もあります。

こうしたトラブルに巻き込まれないように、塗装専門店で複数社の見積もりを取り、信頼性の高い業者を選び、安心して施工を依頼することが大切です。