本日は塗装工事の工程と同じタイミングで行うことが多いシーリング工事についてお伝えします。

シーリングはコーキングや目地と言ったりもしますが、外壁材同士の間の隙間や窓枠周りの隙間などを埋めるものです。

そもそもシーリングの役割は気温や湿度に伴う外壁材の伸縮や地震などの自然災害によって揺れ動く外壁材のクッション代わりになることで外壁材の破損を防いでいます。

また、隙間からの雨水の侵入も防ぎます。

サイディング、ALC、タイルが使われた建物を見ると良くわかるでしょう。

シーリングの劣化

外壁や屋根と同じように、シーリングも常に外部環境にさらされ、紫外線の影響を受けています。劣化する環境下にあるということです。

シーリング材も施工から約5年位を経過する辺りから劣化が始まります。

劣化し始めたシーリング材は、ひび割れ、痩せ、隔離といった順に進行していきます。劣化したシーリング材は本来の役割である伸縮機能や水の侵入を防ぐ機能が発揮できなくなり、結果建物全体を劣化させてしまうことになります。

シーリングのメンテナンス

シーリングは建物の塗装の目安にもなるように、シーリング工事は外壁塗装や屋根塗装を行うタイミングと同時期に行うのが妥当です。また建物全体にシーリング工事を施す場合や建物の高い位置にある窓枠周りのシーリング工事は足場を必要とします。経済的な面も考えて、建物の塗替え工事と一緒にシーリング工事をやってしまう方が妥当です。