四季のある日本で塗装のベストシーズンは地域により様々です。

塗装の工程で関連がある、雨・気温・湿度が比較的安定している春や秋がベストシーズンとされます。

塗り替え工事は条件さえ整えば年中可能ではありますが、出来るだけ気候に左右される事なく、予定通りの工期で塗装工程が進む時期がベストシーズンとなります。

地域により気候条件は変わってきます。

外壁塗装をスムーズに施工するための条件には、以下の4点があります。

①気温は15℃~30℃

②湿度は40%~80%

③塗装面に結露などがないこと

④天気が安定していること

これらの条件が揃っているベストシーズンはスムーズに塗装が完了しやすい時期とされます。

塗装工程で必要な塗料の硬化・乾燥に適した条件が揃うことです。

“空気が乾燥していて気温が高ければ塗料の乾きが早いですし、天気が安定していれば、雨で工事を中断せざるを得ない恐れが少なくなり予定通りに工事完了を迎えられます。”

工事工程だけではなく、工事期間中のお客様の生活環境の視点でも、窓を開けなくても快適に過ごせる季節だからです。

外壁塗装の期間中は、様々な個所に養生作業をするため、窓の開閉が出来なかったり、場合によってはエアコンの室外機も養生することがありエアコンの使用が出来ない場合も想定されます。

塗装期間中に窓を締め切っていても、過ごしやすい季節に塗装工事を依頼するのも考慮下さい。

(8月、9月はエアコンの使用が可能であるか業者に相談しましょう)

実際に、春と秋は業者にとって繁忙期となり工事依頼が集中する時期です。

急な工事希望をお受けできない場合がございますので、早目の予約をおすすめいたします。