建物の塗装工事を行う際には、必ず色選びを行います。その際に役に立つのが色見本です。

今回は「色見本」についてお伝えします。色選びの参考になれば幸いです。

【カタログの見本】

主に塗料メーカーが提供するもので、実際の塗装をイメージする際に役立ちます。施工業者が最初に提示する際、「この中から色を選んでください」と案内されることも多く、これは塗料メーカーが品質や顧客のニーズに基づいて推奨する標準色です。

カタログの色見本は、塗料メーカーが既に把握している品質や需要を反映した基本的な色の形として理解しておくべきです。

【色見本帳】

一般社団法人日本塗料工業会が発行している、600色以上を収録した実用色の見本帳です。

カタログから希望の色が見つからない場合は、この色見本帳から色を選ぶといいでしょう。この見本帳は、共通の色が規格化しているものなので、どの塗料を使用したとしても、提示されている番号を指定すればカタログになかった色でも選ぶことができます。希望の色を具体的に見つける際に役立ち、ニュアンスやトーンの違いを比較しながら選択することができます。

【カラーシミュレーション】

自宅の画像でシミュレーションを行い、より具体的なイメージを得ることができます。施工業者が決まっている場合は、その業者に相談すると良いでしょう。まだ業者が決まっていない場合は、インターネット上でカラーシミュレーションを試して、理想の外観イメージを把握してみましょう。

【塗板見本】

最終的に選んだ色を確認するための見本として、A4サイズの色板を使うといいでしょう。色板見本を外で実際に見ることで、日陰や日向などの条件に応じて色の見え方を確認することができます。明るさや暗さの違いを実際に確認することで、仕上がりのイメージを明確にし、最終的な色決めに役立ちます。

このように色見本にはいろんなタイプがあります。用途に応じて色見本を変えて確認することで、より理想通りの色を選ぶことができるでしょう。迷った際には塗装のプロに相談してみるのもいいかもしれませんね。