外壁塗装にチョーキングが起きていると塗替えのサインとなる為、注意が必要です。

チョーキング(白亜化現象)とは、外壁塗装の表面に白い粉が付着した様に浮き出たような現象のことを指します。

発生する原因には主に日光や風雨などの自然現象にさらされている事が要因となり、塗料が劣化して発生します。

チョーキングが発生すると、見た目にも古びた外壁のイメージをあたえ、塗膜が劣化する可能性もあります。

チョーキングの予防方法としては、

必要なスパンでメンテナンスを行う事です。外壁の定期的な洗浄や保護コーティング(塗装)を行うことで、塗膜自体の劣化を防ぐことができます。

次に、品質の高い塗料の選定が挙げられます。

費用は高くなりますが、耐候性がより高く、紫外線や風雨に強い塗料を使用することで、より長く劣化の抑制の見込みがあります。

今すでにチョーキングが発生している場合は、専門業者に相談し適切なメンテナンスを行うことが必要です。素人が安易に手を加えてしまうと逆効果になる可能性もあります。

専門家のアドバイスを受けながら、適切な補修や再塗装を行い、外壁の寿命や美しさを保つよう心掛けましょう。