コケが生えやすい家にはやはり特徴があるようです。

見た目の印象を左右するコケ。以下のような特徴と条件に一つでも当てはまる場合は、今後コケの発生が予測されるため、早めの予防対策が重要です。

◆周囲に森や植物が多い環境

森の周辺ではコケの胞子が多く飛散し、家の外装に付着しやすくなります。これによりコケの発生が促進されやすい環境下と言えます。

◆周囲に川がある

川の近くは湿気が多く、高い湿度がコケの生息を好む環境に適しています。

湿度の増加がコケの繁殖を助長します。

◆屋根の日当たりが悪い

屋根に日光が十分に当たらない場合、雨の乾燥が遅れ、湿った状態が長く続きます。この状況はコケの繁殖を進行させます。

◆屋根がスレート、またはセメント瓦

スレートやセメント瓦は時間とともに劣化し、雨水を吸収しやくすなる傾向があります。防水効果が低下すると、コケの発生条件が促進されます

いかがでしたでしょうか。なにか該当することがあれば家の外装メンテナンスを早めに検討されることをおすすめします。

定期的な清掃や防水工事、日光の確保などを行い、出来るだけコケの発生を予防することが大切です。