塗り替えは使用材料によって年数の差がある事をご存じですか?

新築時に購入した家の外壁がどの種類の塗料で施工されているかが関係してきます。

最近は建売住宅にお住まいの方がとても多くいらっしゃいます。

特に建売住宅を購入された場合は、外壁の塗料についてあまり気にされていないかもしれませんね。

戸建て住宅の外壁を塗り替える際には、外壁の素材や使われている塗料の種類によって、最適な塗り替えのタイミングが変わってきます。

自宅の外壁がどの素材でできているか、新築時にどの種類の塗料が使われたかを知っておくことは、将来的なメンテナンス計画を考える上で役立ちます。

建築時の契約書や関連する資料を確認するか、建築会社や施工業者に問い合わせることで、外壁の素材や塗料の情報を入手することができます。

外壁の種類や塗料によっては、定期的なメンテナンスや塗り替えが必要とされます。

正確な素材の情報を把握し、自主的に外壁の状態を定期的にセルフチェックすることで、適切な塗り替えのタイミングを知ることが重要です。

塗装で作られた塗膜は、紫外線や風雨に当たることで刺激を受けて、年々劣化していきます。

劣化してしまうと防水性が失われてしまうので、劣化のサインが見られたら再度塗装が必要です。

ご検討を始めて下さい。