ペイントホームズ
神戸北店

外壁塗装でお洒落なアクセントを入れる方法:パターンとポイント

外壁塗装でお洒落にアクセントを入れることで、家全体の印象を大きく変えることができます。今回は、塗替えで失敗しないためのポイントと、色の組み合わせや比率について、さらに自分のイメージを上手に業者に伝える方法をご紹介します。

「外壁アクセントの失敗しないポイント」

・色の組み合わせとその比率

メインカラーは建物全体に使用する色で、落ち着いた色を選ぶと良いでしょう。

またアクセントカラーは目立たせたい部分に使用します。一般的に、メインカラーとアクセントカラーの7:3くらいの比率がバランスが良いとされています。

 

・色の相性

同系色でまとめると一体感が出ますが、対照色(補色)を使うとメリハリがついて引き締まった印象になります。色見本やカラーシミュレーションを活用して、実際にどのように見えるか確認することをお勧めします。

 

・アクセントの入れ方

窓枠やドア、コーナー部分などにアクセントカラーを使用すると、デザインにメリハリが出ます。また、ベランダやポーチなどの目立つ部分に異なる色を使うことで、デザイン性が高まります。

他にも 外壁の一部に異なる素材を使用することで、質感や雰囲気を変えることができます。例えば、レンガ調や木目調のパネルを一部に使用するなどの方法があります。

 

・周囲の環境との調和

周囲の建物や自然環境とのバランスを考慮することも重要です。目立ちすぎないようにしながらも、個性を出すための色やパターンを選びましょう。また伝統的な和風の家には自然な色調や和風のデザインを、モダンな家にはシンプルで洗練された色やパターンを選ぶと調和が取れます。

「イメージを上手に伝える方法」

・ビジュアル資料を用意する

カラーサンプルやカタログ、過去の施工事例の写真などを用意し、業者と具体的に共有しましょう。

インターネットで見つけた理想のデザインや配色の画像を保存し、業者に見せるのも効果的です。

・カラーシミュレーションを活用する

業者に依頼してカラーシミュレーションを作成してもらうことで、実際にどのような仕上がりになるか確認できます。複数のパターンを試してみて、納得のいく組み合わせを見つけましょう。

「具体的な要望を伝える」

どの部分を強調したいのか、どの部分は目立たせたくないのかを具体的に伝えることが重要です。好みの色や素材、参考にしたいデザインの具体的なポイントを細かく説明することで、業者も理解しやすくなります。

外装の塗り替えにおいてバランスや統一感は家の印象を大きく変える重要な工事です。失敗しないためには、事前の準備と業者とのコミュニケーションが大切です。今回のポイントを参考に、お洒落で素敵な外壁を手に入れてください。